Q&A
よくある質問
Q&A

よくある質問にお答えしております

測量に関する質問にお答えしております。土地や建物の測量をはじめ、土地や建物の登記の代理申請を行っております。お客様のご負担を減らし、丁寧で迅速な対応を日頃より心掛けております。専門性の高い知識を持つ有資格者が在籍しておりますので、お客様にご満足いただけるようサービスの提供を行っております。

  • 費用はいくら位かかるの?

    土地や建物の形状、広さ等により変化しますので、お見積もりなどのお問い合わせはお気軽にどうぞ。

  • お隣の要請に応じ、境界立会をしましたが境界がはっきりしません。

    わたしたち土地家屋調査士の出番です。

    法務局や官公署の資料を収集・解析し、必要に応じて現地を測量し、

    境界に関する適切な助言をいたします。

    ぜひお気軽にご相談ください。

  • 境界はどのように決めるのですか?

    隣接する土地の所有者に必ず立ち会ってもらい、境界について現地で確認します。

    双方が納得のうえで境界を確認できたら、永続性のある境界標を設置します。

    その後、必要に応じて、境界を記した測量図に双方の確認印を押した筆界確認書を作成します。

  • 分筆登記はどんなときに必要なのですか?

    土地の一部を分割して売却したいとき、遺産相続が発生して兄弟で土地を分けたいとき、共有名義の土地を分割して単有名義にしたいときなどです。

  • 土地の一部をお隣に売りたいのですが、どうすればよいでしょうか?

    手続きとしては、境界確定、測量、分筆登記をした後、売却の対象となる土地を所有権移転登記することになります。

    この所有権移転登記は司法書士の先生にお願いすることになります。

    当職が提携する司法書士の先生を紹介することもできますので、お気軽に一度ご相談ください。

    着手前から登記完了までトータルでサポートさせていただきます。

  • 新しく建物を建てたときはどうすればよいのですか?

    新しく建物を建てたときは、法務局に建物表題登記の申請をする必要があります。

    建物表題登記をすることにより、建物所有者の住所氏名・建物の所在・種類・構造など、

    建物を識別するために必要な事項が不動産登記記録の表題部に記録されます。

  • 建物を取壊しましたが、登記が必要でしょうか?

    建物を取壊した場合、取壊しの日から一ヶ月以内に建物滅失登記をしなければなりません。

    これをそのままにしておくと、建物が無くなったにもかかわらず、登記記録だけが残ってしまうことになります。

お客様からいただくよくある質問に分かりやすくお答えしております。それぞれ異なる建物や土地の特徴に合わせて正確な測量を行うことを心掛けております。土地の広さや建物の形状を正しく把握するために行う測量を通して、お客様の不動産の取引等をスムーズにするお手伝いを行っております。これまで伺ってきた数多くの現場において、幅広い知識を身につけてまいりました。精度の高い測量を国家資格を持つプロが行いますので、測量の依頼をしてみませんか。公的な記録を残し不動産や権利などを明確化する用途としてご利用いただけます。